2008年07月30日

携帯電話「au」のCM嵐大野部分カット

当初、ネットだけで盛り上がっていた嵐大野智大麻3P事件。

うそか本当かはわからないが、ちょっとずつ社会にも浸透し始めているみたいだ。

jcast


28日発売の週刊現代で 「嵐」リーダーの大野智が3年前にカラオケボックスで大麻を吸っていたと報じた。
これに対し、テレビCMのスポンサーはCMを継続することを表明。
また、同時に大野さん側に行動の自重を申し入れたことを明らかにした。
大野智が出ている部分がカットされたとみられるCMもあり、波紋は広まりつつある。

週刊現代での6ページもの記事によると、大野智は2005年夏、東京・渋谷のカラオケボックスで、モデル風の美女らの宴会に合流した。
騒ぎの中で、誰かが「いいものがある」と紙に大麻の葉をつめたジョイントを回した。
そして、大野智も「目がピカピカする」と言いながら、大麻を吸引したというもの。
記事では、女性らを抱きながら、目がイッちゃってる大野智の写真が大きく掲載されている。

事実なら犯罪になるが、本当なのか?

J-CASTニュースでは7月28日から、大野さんが所属するジャニーズ事務所に取材を申し込んでいる。しかし、担当者が外出中として、コメントが得られないままだ。

「自覚と社会的責任を持ち、自重した行動を」
この報道で、テレビCMやスポンサーにも影響が出始めている。

「嵐」起用のCMを流しているハウス食品の広報・IR室では、J-CASTニュースの取材に対し、ジャニーズ事務所や大野智本人に「タレントとしての自覚と社会的責任を持ち、自重した行動を」と申し入れたことを明らかにした。
「CMに関しましては継続とし、今後の事態の変化を見守りながら判断してまいります」としている。

携帯電話「au」のCMでは、「嵐」メンバーのうち大野智出演の部分がカットされたようだ。

しかし、auブランドのKDDIの広報部では、J-CASTニュースに、「CMの出稿量に関わってくるところは明らかにしておりませんので、コメントを差し控えさせていただきたいと思います」と慎重だ。

一方、テレビ・ラジオ局では、報道後も特に対応を変えていないようだ。

TBSのドラマ「魔王」の担当者は、取材に対し、「報道は事実無根と聞いています。ですから、番組はそのまま続行します」と話す。
一方、「嵐」出演のバラエティ番組「ひみつのアラシちゃん」担当者は、「事実関係が分からないので、こちらから何か言うことはありません。とくに話にも上りませんし、今のところまったく影響もないです」。

大野さんパーソナリティのラジオ番組「ARASHI DISCOVERY」について、横浜エフエム放送の編成担当者も、「事務所やレコードレーベルと話して、『報道は事実無根』と聞いています」として、番組続行を明らかにした。

一方、「24時間テレビ」のほか、北京五輪番組テーマソングでも「嵐」を起用する日本テレビの総合広報部では、「いろいろ検討しています」と話すのみだった。

ジャニーズの力は絶大だ。
ここで何の信憑性の無い記事を視聴率欲しさに大々的に取り上げると後々のジャニーズタレントの起用に影響を及ぼす。
その辺の裏の思惑もあるようだ。




get_bunf at 08:53│ ジャニーズ