2008年08月04日

蝦ちゃんこと蛯原友里「CanCam」降板決定

07ceb0c0.jpg蝦ちゃんが「CanCam」降板が決定したみたいです。

蝦ちゃん、今「CanCam」のCM出てますよね。

蝦ちゃんもそりゃ〜いつかは降板はするんだけど・・・

「実はエビちゃんが女性誌『CanCam』を離れることが決まったんです。契約が切れるのは今年の10月いっぱいで、エビちゃんの姿を同誌で見られるのは同月発売の12月号で最後になります。ただ、読者への影響が大きいモデルなだけに編集部はピリピリしており、今は発表のタイミングを慎重に探っているそうです。」

理由のひとつは年齢的な問題。
CanCamの読者層は20代前半。エビちゃんはこの秋で29歳になる。読者とのギャップが大きくなってしまうということ。エビちゃん自身も「年齢的にもうキツイ」とこぼしている。

もうひとつの理由はエビちゃんの人気にかげりが出てきたこと。
ここ数ヶ月はCanCamは全盛期に比べて30万部近く売上が落ちている。
特に今年の7月号は浴衣姿のエビちゃんという最強の表紙で臨んだにもかかわらずライバル誌の『ViVi』に約3万部の差をつけられて負けてしまった。
これにあわてた編集部は紙面の刷新を考えているらしい。

「確かに去年まで、マーケティング業界では女性をターゲットにした商品はエビちゃんを出せば成功するという法則があったんです。今年は違う。顕著な例がCM出演料です。去年までのエビちゃんは1本あたり4000万円が相場だったのに今年は3000万円台とおよそ1000万円も落ち込んでしまった。」

エビちゃんの今後はいったいどうなるのであろうか?

「年齢的にもいずれは『AneCan』に移籍することになるとおもいます。押切もえもそうでしたから。今はその時期を小学館さんと話し合っている段階です」

つまりはエビちゃんの10月降板→「AneCan」移籍はもはや規定路線なのである。


だがその移籍はすんなりいかないと言う。

「肝心のエビちゃんが『もう専属モデルはイヤ』と難色を示しているようなんです。それにエビちゃんは押切もえちゃんとあまり仲がよくない。着実に活動の幅を広げている押切もえちゃんに対して、エビちゃんは並々ならぬライバル心を燃やしている。『AneCan』のスタッフは現場の雰囲気が悪くなるのではないかと今から心配しています。」

がんばれ!エビちゃん!

それと
もえちゃんとは仲良く!

お願いだよ〜w

(参考:週刊現代)



get_bunf at 01:18│ 芸能