2008年09月04日

押井守スカイクロラの評判は?

a1978c8e.jpg押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』がヴェネチア映画祭で上映された。

会場は結構埋まっていたらしいがあまり評判は良くない。

エンディング曲が流れると観客やヴィム・ヴェンダース監督ら審査委員までもが席を立ち、ぞろぞろと劇場を出て行ってしまい、最後まで観た人はわずか。

これには押井監督も「焦った」とコメント。


押井守は『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』『イノセンス』で有名。
個人的には『うる星やつら』のビューティフルドリーマーに衝撃を受けた。
そのころは未だ押井守という名前を知らなかったけど。


今回のスカイ・クロラは押井守としてはイノセンス以来の力の入れようだったらしい。
しかし、、、CMも見たのだがイマイチ見る気がしない。
物語に感情注入できないし、グラフィックを駆使した映像もそれほどインパクトがない。空は美しいのだが・・何かが・・。

どうなのだろう?
ビデオだったら見ても良いのだが・・・。


翌日の新聞各紙の評価は厳しく、ヴェネチアの地方紙、ガゼッティーノのように「コンペに日本のカトゥーンは2本もいらない」と批判するところもあった。

インタビューでは「(クリエーターは)みんな商売敵。宮(崎)さんのは老人の妄想。僕の作品は多少未来があります」と言っていたが、観客の評価は違ったようだ。




get_bunf at 21:20│ ドラマ