裁判

2008年08月06日

アコギなジャニーズ商法

実はアコギなジャニーズ商法が暴露された。
おまけをバラして全部集めたくなるファン心理をあおっているとのこと。

って下記の記事なのだが・・・このくらいいいんじゃないのかな。

どこでももっとアコギなことしてるよね。

楽天の売れてるショップなんてそれこそドドーンと宣伝してるよ。
まあ、天下のジャニーズが、というイメージがあるのかもしれないが。
確かにぼろ儲けだしね。

でも今のうちに金をストックしておかないと大変なことになるのかもしれない。
講談社との戦いもあるしw
裁判になったら多額の費用が必要だよね。
また不祥事でジャーニーズメンバーの誰かは脱退するかもしれない。

今売上を上げている嵐とか解散したら大ダメージだよね。

まあ、稼げるうちに稼ぐっつーのが商売の王道でしょうね〜

--------------

リリースするシングル、アルバムが軒並み順調な売上を見せているジャニーズ事務所。タレント自身の人気もさることながら、カップリング曲やジャケットデザインを微妙に変えて複数枚売り出すことで、売上枚数を増やしているのは周知の通り。

たとえばKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」では、各メンバーがそれぞれセンターに位置するジャケット違いの初回限定盤6種+通常版をリリースし、累計売上枚数104万枚を計上。
同年、関ジャニ∞もメンバー7人のイメージカラーのミサンガを特典にした7種類のシングル「関風ファイティング」をリリースしている。全種類集めたくなるファン心理を利用したなりふり構わぬ商法に、苦笑する関係者も多かったという。

そんなジャニーズ事務所だが、ファン心理を巧みに利用した商法はコンサートや舞台などのチケット販売でも発揮されている。

「10月から、トニセンがひとりずつ主演を務める舞台があるんですが、『スペシャルトリプルチケット』での申込案内が届きました。これは、一度の申し込みで、トニセンの舞台3公演を同時に申し込めるというもの。最初から全部見に行く予定のファンは手数料が1/3で済むからトクですけど、逆に落選したら全滅ですよね。絶対行きたい人は単独で複数公演申し込むことになると思います。しかもこのチケット、デザインが特製のフォト仕様になってるから、どうしようか迷っている人の後押しにもなるはず。今年はトニセン、V6がコンサートを立続けに行ったので、トニセンファンはただでさえ金欠なんです。そこでこんな売り方を考えたんでしょうけど……」(古くからのトニセンファン)

これまでにも、チケットが落選した際には手数料とは別に『返金手数料』まで引かれることから、「チケットが手に入らないのに1000円近く取られるなんてまるで詐欺」という苦情も多く寄せられていたコンサート事務局。
最近は『おまとめ返金』と称して、2公演以上落選した場合に手数料が850円のみになるサービスもスタートしたが、「3公演落選したのに、1公演と2公演にわかれて返金された。
どういう基準でまとめてるのかナゾ」という声もあり、まだまだシステムが完全に機能しているとは言えないだろう。

とはいえ、こうした不満も「苦情を言ったらチケット運が悪くなりそうだから」と泣き寝入りする人がほとんどとか。
ジャニーズのファンクラブの名称は「ジャニーズファミリークラブ」。
ファンのことを本当に家族のように思ってくれているのなら、もっとやり方があると思うのだが……。

get_bunf at 19:53|Permalink