講談社

2008年08月13日

嵐大野智、大麻3P疑惑のその後【ジャニーズ帝国】

大野智の“大麻3P疑惑”がネットでも「祭り」になった。

最近はその「祭り」も徐々に下火になりつつある。
中止になっていたといわれている大野智のauのCMについても最近復活したようだ。auサイドは一時の混乱が収まればジャニーズは大丈夫、という見解だったのだろうか。講談社もあれから動きは無い。

真相ともに、もし報道の通りだった場合の大野の去就も取り沙汰された。所属のジャニーズ事務所が、所属タレントのドラッグ問題に対して厳しい措置をとってきたからだ。ただし、盛り上がった割に肝心なことは語られていないと思う。

それは何か?

芸能界は薬物に甘い、という現実だ。
大野についても、一部には“弧発”ではなく巨乳グラドルらにもつながる汚染などとも報道されている。「大麻半年、覚せい剤1年」で復帰という“因習”もある。つまり、芸能界全体の薬物に対する価値観が市民社会のそれと乖離しているということだ。そして、それはとりもなおさず、ファンが彼らを甘やかしているという現実でもある。

げんに、大野問題に対するWeb掲示板の書き込みは、大野が解雇されるのか、ジャニーズ事務所はどうなるのか、ということばかりが話題の中心で、芸能界と薬物汚染というより根源的な問題に踏み込んだものはほとんどなかった。

今からちょうど4年前の8月9日には、東京地裁(高山光明裁判官)で覚せい剤や錠剤型麻薬MDMAを使用したとして、覚せい剤取締法違反罪と麻薬取締法違反に問われた清水健太郎が、懲役2年4月(求刑・懲役3年)の実刑を言い渡された。

清水は何と4度目の逮捕だったが、2年後には仮釈放を求めた。翌年にはテレビに出演して「失恋レストラン」を披露し、喫煙のしくじりを懲りない加護亜依にメッセージを送るなど、今も芸能界復帰に向けて意欲満々である。何しろ当時から、「清水にやる気さえあれば、“拾う神”は出てくるだろう」と予想もされていた。

「日本の芸能界は甘すぎると言われているが、良い意味でも悪い意味でも“オンリーワン”はありがたがる傾向にあるんですよ。この点においては2回も服役をしたタレントは日本にはいない“オンリーワン”です」(2004年8月11日付「東京スポーツ」で須藤甚一郎氏)

これでは、先頃“出所記者会見”を行った田代まさしも、5月に実刑判決が出た岡村靖幸も、チャンスがあれば復帰しようと思うわけだ。

get_bunf at 09:18|Permalink

2008年08月06日

アコギなジャニーズ商法

実はアコギなジャニーズ商法が暴露された。
おまけをバラして全部集めたくなるファン心理をあおっているとのこと。

って下記の記事なのだが・・・このくらいいいんじゃないのかな。

どこでももっとアコギなことしてるよね。

楽天の売れてるショップなんてそれこそドドーンと宣伝してるよ。
まあ、天下のジャニーズが、というイメージがあるのかもしれないが。
確かにぼろ儲けだしね。

でも今のうちに金をストックしておかないと大変なことになるのかもしれない。
講談社との戦いもあるしw
裁判になったら多額の費用が必要だよね。
また不祥事でジャーニーズメンバーの誰かは脱退するかもしれない。

今売上を上げている嵐とか解散したら大ダメージだよね。

まあ、稼げるうちに稼ぐっつーのが商売の王道でしょうね〜

--------------

リリースするシングル、アルバムが軒並み順調な売上を見せているジャニーズ事務所。タレント自身の人気もさることながら、カップリング曲やジャケットデザインを微妙に変えて複数枚売り出すことで、売上枚数を増やしているのは周知の通り。

たとえばKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」では、各メンバーがそれぞれセンターに位置するジャケット違いの初回限定盤6種+通常版をリリースし、累計売上枚数104万枚を計上。
同年、関ジャニ∞もメンバー7人のイメージカラーのミサンガを特典にした7種類のシングル「関風ファイティング」をリリースしている。全種類集めたくなるファン心理を利用したなりふり構わぬ商法に、苦笑する関係者も多かったという。

そんなジャニーズ事務所だが、ファン心理を巧みに利用した商法はコンサートや舞台などのチケット販売でも発揮されている。

「10月から、トニセンがひとりずつ主演を務める舞台があるんですが、『スペシャルトリプルチケット』での申込案内が届きました。これは、一度の申し込みで、トニセンの舞台3公演を同時に申し込めるというもの。最初から全部見に行く予定のファンは手数料が1/3で済むからトクですけど、逆に落選したら全滅ですよね。絶対行きたい人は単独で複数公演申し込むことになると思います。しかもこのチケット、デザインが特製のフォト仕様になってるから、どうしようか迷っている人の後押しにもなるはず。今年はトニセン、V6がコンサートを立続けに行ったので、トニセンファンはただでさえ金欠なんです。そこでこんな売り方を考えたんでしょうけど……」(古くからのトニセンファン)

これまでにも、チケットが落選した際には手数料とは別に『返金手数料』まで引かれることから、「チケットが手に入らないのに1000円近く取られるなんてまるで詐欺」という苦情も多く寄せられていたコンサート事務局。
最近は『おまとめ返金』と称して、2公演以上落選した場合に手数料が850円のみになるサービスもスタートしたが、「3公演落選したのに、1公演と2公演にわかれて返金された。
どういう基準でまとめてるのかナゾ」という声もあり、まだまだシステムが完全に機能しているとは言えないだろう。

とはいえ、こうした不満も「苦情を言ったらチケット運が悪くなりそうだから」と泣き寝入りする人がほとんどとか。
ジャニーズのファンクラブの名称は「ジャニーズファミリークラブ」。
ファンのことを本当に家族のように思ってくれているのなら、もっとやり方があると思うのだが……。

get_bunf at 19:53|Permalink

2008年07月31日

業界の盟主、ジャニーズ事務所と講談社が全面戦争に突入!

芸能界を激震させた人気グループ「嵐」のリーダー、大野智の「大麻で3P」報道。

7月28日発売の「週刊現代」が報じたもので、メンバーの中でもおっとりしたイメージで知られている大野智なだけに、ファンに与えた衝撃は計り知れない。

また、「嵐」はでも屈指の国際的人気を誇っていることから中国や韓国、台湾などでも大きく伝えられ、パニックを起こしているファンもいるようだ。
中国では大麻吸引が日本以上の重罪とされているため、今秋の上海ツアーが中止になる可能性も指摘されている。

しかし、芸能関係者によると、ジャニーズ事務所の幹部が複数回にわたって大野智に事情聴取を行い、本人は「女性2人と遊んだことは認めたという。
大麻の使用については『絶対やってない』と、否定した。
週刊現代の報道についてファン以外からも「決定的事実」ではないとの声が上がっている。

また、各テレビ局に降板の動きはなく、特に「嵐」がメインパーソナリティを務める「24時間テレビ」(8月30〜31日放送)や「嵐の宿題くん」を放送している日本テレビは、大野智および「嵐」の降板はないと明言しているという。

こうして国内外を騒然とさせた大野智の「大麻疑惑」。当然のことながらジャニーズ事務所は激怒した。
週刊現代の出版元である講談社と「全面戦争」も辞さない構えだ。

同事務所は報道直後に新聞社やテレビ局に事実無根であることを伝え、それと同時に、週刊現代だけでなく講談社とは今後一切仕事をしないと通達したという。
これにより、同社のファッション誌などで行われていたジャニーズタレントによる連載や、これから予定されていたプランのほとんどが消滅した。

それだけでなく、二宮和也(嵐)と錦戸亮(NEWS、関ジャニ∞)がW主演する10月スタートのTBS系ドラマ「流星の絆」について、「ドラマは放送されるが、講談社には一切取材させない」(東京スポーツより)とも通達した模様。

「流星の絆」は直木賞作家・東野圭吾氏の小説が原作で、連載は週刊現代で行われていた。書籍も講談社が発行している。
原作を発行しているメディアがドラマ取材の規制を受けるのは前代未聞。

こうしたジャニーズ事務所の反撃に対し、週刊現代の編集部は「取材は十二分に尽くしており、掲載した内容には自信をもっております」(東京スポーツより)と徹底抗戦の姿勢を示している。
また、今後もジャニーズ関連のスキャンダルを扱うとしている。

ジャニーズ事務所は芸能界の2台巨頭のひとつ(もうひとつは吉本興業)。一般の学生や主婦から見ると講談社よりもジャニーズ事務所のほうが格上と思われるかもしれない。メディアへの露出度は当然ジャニーズのほうが上だ。

しかし講談社は出版業界の盟主。最盛期は年間2000億を売り上げ、今尚年間1400億の売上を誇る出版業界の巨人である。資金力・影響力ともにジャニーズに引けを取らない。講談社から出版するジャニーズカレンダーは年間2億を売り上げる、がそれは講談社の売上の中の0.1%前後に過ぎない。

芸能事務所と出版社の争いはこれまでも少なくなかったが、ジャニーズ事務所はジャニー喜多川社長と姉のメリー喜多川副社長の内輪モメをまとめたといわれる有力幹部を亡くしたばかり。

「ジャニーズの良心」とまでいわれたこの人物を失ったことで、今回の件は芸能関係者も今後の展開がまったく読めない。

講談社も大野智大麻3Pスキャンダルのみでジャニーズ王国に戦いを挑むのは得策ではない。
あの記事だけでは大野智の大麻所持を証明できない。

講談社はまだまだ切り札を隠し持っていると考えるのが妥当である。

ということは、、、、
まだ戦いは始まったばかりに過ぎないということだ。



get_bunf at 02:30|Permalink